教育方針教育方針

教育目標など

のびのび保育、子供が主役の幼稚園
「のびのび保育~あそびを主体とした園生活~」を柱に、子ども一人ひとりが園生活の中で主体的に環境に関わり、
直接的な体験を通して「生きる力」の基礎となる
「心情」「意欲」「態度」を身に付ける事により、豊かな子どもに育む事を目指しています。

● 育てたいこども像

  • あかるいこ みんなと仲良く、明るく
    のびのびと行動できる子
  • つよいこ 健康な体と、勇気を持ち
    困難に立ち向かう力を持つ子
  • やさしいこ 命の大切さや思いやり
    いたわりの気持ちを持てる子
  • かしこいこ 物事を良く見、よく考え
    善悪の判断ができる子

幼児期は人間形成において大切な時期です。

札幌第一幼稚園はこの4つの子ども像を目標に、一人ひとりを大切にする「愛情保育」を目指しています

「のびのび保育」という柱をもとに、子どもたちの持つ興味や関心、自由な発想、
可能性を楽しい保育活動を通して伸ばしていける様心掛け、
その中で子どもたちが主役になれる園生活を繰り広げていきます。
一人ひとりの心をゆったりと受け止め、職員全員の大きな愛情で包んでいきます。

子どもが主役の幼稚園作りを行っています

園長先生 第一幼稚園は「あそび」を主体とし、幼児期にふさわしい生活の中から明るく・のびのびと活動し、健康な体と豊かな心で、子どもが主役の幼稚園作りを行っています。

幼児期は、これからの長い人生の土台を形成することで最も大切な時期です。
幼児期に最も大切な「あそび」を通してたくさんの友だちの中で、やさしくされる・ゆずってもらう・手助けをしてもらうなどの経験が心を育てていきます。

本園は多くのあそびを通して「楽しい」と感じながら人とのつながりを大切にし、子どもらしくのびのびと育っていけるよう、しっかりと地についた保育を心がけるようにしています。

園長 里村 香純